よりよい放送のために

メディアリテラシー/平成26年度助成対象事業

 

ふるさと再発見 ~廃校の生徒と共に、私のマチ発信プロジェクト~

STVラジオ

<共同で事業を実施する団体等:北海道洞爺高等学校>

 平成28年に廃校となる高校の生徒たちに、学校や地域の魅力を伝えるラジオ番組を制作してもらう。参加者は、企画からインタビュー取材、素材作り、出演までの一連の制作過程、音声だけで表現するラジオの可能性を体験することで、メディアのあり方や伝え方などを学ぶ。制作した番組は特別番組として放送し、ポッドキャストでも配信する。放送後、参加者は取材意図がリスナーに伝わったかどうか検証する。

 マスメディアの大切な役割の1つである「記録に残すこと」を体験できること、地方の問題の伝え方を考えるきっかけにもなることを評価し、助成対象とした。

 ◆実施の概要 メディアリテラシー実施概要(STVラジオ).pdf

 

 

「ともに明日へ」~山田町・船越小学校の記録と記憶~

IBC岩手放送

<共同で事業を実施する団体等:岩手県山田町立船越小学校>

 東日本大震災で被災した船越小学校の児童たちと一緒に、間借り校舎での学校生活など、震災後の今を記録するビデオを制作する。子供たちの記憶に残る活動とすることによって、放送や番組に対する興味や関心を高め、制作活動体験を通じて、「伝えること」の大切さと苦労、喜びを感じてもらう。また、完成したビデオの上映会を地元の山田町で実施する。

 震災に関する映像資料を束ねることにもつながる意欲的な試みであり、学年をまたいだ企画に「学びの継承」を期待できる点を評価し、助成対象とした。

 ◆実施の概要 メディアリテラシー実施概要(IBC岩手放送).pdf

 

 

大震災から3年半・・・ ~今、ボクたちが出来ること~

テレビ朝日

<共同で事業を実施する団体等:東北地区系列局>

 首都圏と東北の高校生・大学生に、東日本大震災に関する番組制作を体験してもらう。参加者に「当事者(被災者)と第三者の感じ方の違い」「効果的な訴求ポイントの違い」に気付いてもらいながら、メディアの在り方や接し方などを学生と放送局スタッフが議論し、新たな発見につなげていく。制作した番組は東北のいずれかの都市で合同試写会を行う。

 震災から時間が経過し、被災地とそれ以外の地域の乖離が進むなか、東京と被災地が一緒に取り組む点を評価し、助成対象とした。

  ◆実施の概要 メディアリテラシー実施概要(テレビ朝日).pdf

 

 

松本サリン事件から20年~何が変わって、変わらなかったか~テレビと視聴者

テレビ信州

<共同で事業を実施する団体等:国立大学法人信州大学、長野県高等学校文化連盟>

 20年前に松本サリン事件の報道被害を検証する番組を制作した松本美須々ヶ丘高校放送部員が、その後、メディアにどう向き合い、メディアへの意識がどのように変化したかを伝えながら、この20年でテレビと視聴者の間で何が変化し、何が変化しなかったのか、様々な視点からアプローチするシンポジウムを4月29日に開催する。シンポジウムは番組やインターネットで広く公開する。

 松本サリン事件報道から20年という節目で、改めて当時の事件報道の教訓やメディアリテラシー活動について検証を行うことには大きな意義があり、助成対象とした。

 ◆実施の概要 メディアリテラシー実施概要(テレビ信州).pdf

 

 

「災害を正しく恐れる」ためのテレビ報道を考える

CBCテレビ

<共同で事業を実施する団体等:株式会社CBCクリエイション>

 災害報道において何が大切かを知ってもらうため、高校生に「災害報道の役割」「災害の種類による報道の違い」を説明した後、災害報道訓練を行い、擬似報道特番を制作してもらう。その後、訓練の様子を収録した映像を見ながら感想を発表してもらい、体験を踏まえて災害報道の在り方に対して提言をまとめてもらう。

 これまで災害全般に着目した企画が無かったことや、生放送番組を見つめ直すことにもつながる企画であることを評価し、助成対象とした。

 ◆実施の概要 メディアリテラシー実施概要(CBCテレビ).pdf

 

 

ダブルメディア体験~生放送で学ぶ!感じる!ラジオ・テレビの魅力と特性~

山口放送

 高校生もしくは大学生に、同一のテーマでラジオ番組とテレビ番組の両方の制作を体験してもらい、ラジオとテレビを含めた様々なメディアの特性や違いを感じ、学んでもらう。また、参加する放送局スタッフにも、改めて各メディアの特性を学び直してもらい、より良い放送のための糧にする機会とする。

 参加者がラジオとテレビの両方の番組制作を体験し、比較できる点が秀逸であり、放送局が自らの活動を振り返るという点も評価できる。

 ◆実施の概要 メディアリテラシー実施概要(山口放送).pdf

関連リンク Link