トピックス

(報道発表)民放ラジオ101社統一キャンペーン「ラジオで逢いましょう」の実施について

2008年1月17日
(社)日本民間放送連盟
 
民放ラジオ101社統一キャンペーン
「ラジオで逢いましょう」の実施について

 社団法人 日本民間放送連盟〔民放連、会長=広瀬道貞・テレビ朝日会長〕のラジオ委員会〔委員長=清水洋二・TBSラジオ&コミュニケーションズ会長〕では、2008年2月25日(月)から3月3日(月)までの間、ラジオの良さを広く知っていただくことを目的としたキャンペーン「ラジオで逢いましょう」を別紙のとおり、全国民放ラジオ101社で実施いたします。
 ラジオ委員会では、3月3日を「民放ラジオの日」と制定し、それを周知するために、2月25日から3月2日まで、文化人、ミュージシャン、スポーツ選手など各界の著名人による告知スポットを全社で放送するとともに、ラジオの特性をPRする統一スポットを放送します。
 そして3月3日の当日には、著名人が語る「ラジオへの熱い思い」や「ラジオが好きな理由」などをスポットで放送します。
 また、キャンペーンにあわせて専用ホームページを開設し、「好きなパーソナリティやその理由」や「ラジオに関するエピソード」などを一般から募集し、3月3日に各社の生番組で紹介いたします。さらに、応募いただいた方の中から抽選で101名の方に、全国のラジオ全101社が用意したプレゼントを進呈いたします。
 つきましては、民放ラジオ101社が一丸となって展開する当キャンペーンを、ぜひ紙誌面等でご紹介いただきますようお願いいたします。


民放ラジオ101社統一キャンペーン「ラジオで逢いましょう」
実 施 概 要

Ⅰ.企画趣旨
 民放連ラジオ委員会では、3月3日を「民放ラジオの日」と制定し、3月3日を含む1週間を「ラジオウイーク」とし、ラジオの有益性を一般の人々にあらためて訴え掛けるとともに、新規リスナーを開拓し、更なるセッツインユースの拡大を図ることとした。
 本年度は2月25日から3月3日までの8日間でキャンペーンを実施し、「民放ラジオの日」を広く周知するとともに、各界の著名人にラジオの魅力を語っていただき、現在のリスナーだけでなく、普段はラジオを聴かない層にもラジオの良さを知ってもらう。また、リスナーから、過去、現在を含めて、好きなパーソナリティやその理由、ラジオに関するエピソードなどを募集、3月3日に各社の番組内で紹介する。

Ⅱ.実施期間  平成20年2月25日(月)~3月3日(月) 

Ⅲ.主  催  (社)日本民間放送連盟 ラジオ委員会

Ⅳ.実施内容

1.放送展開

(1)キャンペーンスポット展開
① 放送期間 2月25日(月)~3月2日(日)の7日間
② 放送内容
(1) 10秒スポットでラジオ委員会選定の著名人が、民放ラジオの日を紹介。
(2) 20秒スポットでラジオの良さ・特性等をアピール。
(3) 40秒スポットで専用ホームページの告知および、「好きなパーソナリティ」などを募集している旨の案内。

(2)3月3日「民放ラジオの日」限定PRスポットの放送
① 放送日 3月3日 (月)
② 放送内容
(1) 10秒スポットで「今日は民放ラジオの日」といった紹介など。
(2) 40秒または60秒スポットでラジオ委員会選定の著名人による「ラジオへの熱い思い」や「ラジオを好きな理由」など。

(3)生ワイド番組内でのパブリシティ
① 放送日 3月3日(月)
② 放送内容
 リスナーから専用HPに寄せられた、好きなパーソナリティやその理由、ラジオに関するエピソードなどを60秒程度、当日の生ワイド番組内などで紹介する。

2.ホームページ展開

【概要】
 専用HPを開設し(2月25日~3月31日)、リスナーから、好きなパーソナリティやその理由、ラジオに関するエピソードなどを募集する。また応募者の中から抽選で、ラジオ101社が用意するプレゼントを101名に贈る。

以 上

この件に関する問い合わせ先:民放連〔業務部〕

関連リンク Link