一般社団法人 日本民間放送連盟

MEMBER'S ROOM
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH PAGE

トピックス

(報道発表)民放ラジオ101社統一キャンペーン「ラジオがやってくる!」の実施について

2008年12月18日
(社)日本民間放送連盟
 
民放ラジオ101社統一キャンペーン
「ラジオがやってくる!」の実施について

 社団法人 日本民間放送連盟〔民放連、会長=広瀬道貞・テレビ朝日取締役相談役〕のラジオ委員会〔委員長=磯原 裕・ニッポン放送社長〕では、2009年1月13日(火)から3月3日(火)までの間、将来を担う小・中学生と高校生を対象に、ラジオに親しみを感じてもらうことを目的としたキャンペーン「ラジオがやってくる!」を以下のとおり、全国民放ラジオ101社で実施いたします。
 このキャンペーンでは、民放ラジオ101社のパーソナリティなどが、それぞれ地元の小・中学校や高校を訪問し、ラジオならではの企画を実施いたします。各社が実施する内容は、例えば、学校から番組を放送したり、アナウンサーによる朗読や話し方教室、また、パーソナリティによる災害時のラジオの果たす役割などについての授業など、双方向メディアならではのラジオの魅力を伝える企画を想定しております。なお、訪問する学校は、事前にスポットや番組内でPRを行うなど、公募により決定いたします。
 この取り組みにより、“ラジオを知らない”“受信機すら見たことがない”といったラジオ離れが言われる若年層に対して、ラジオの魅力を体感してもらい、身近なメディアとして親しんでもらおうという、草の根運動的なキャンペーンにしたいと考えております。
 つきましては、民放ラジオ101社が一丸となって展開する当キャンペーンを、ぜひ紙誌面等でご紹介いただきますようお願いいたします。


民放ラジオ101社統一キャンペーン「ラジオがやってくる!」
実 施 概 要

1.企画趣旨
 ラジオ委員会では、3月3日を「民放ラジオの日」と制定し、3月3日を含む1週間を「ラジオウイーク」とし、ラジオの有益性を一般の人々にあらためて訴えかけることとした。
 本年度は、民放ラジオ101社のパーソナリティなどの関係者が、それぞれ地元の小・中・高校を訪問して、生徒たちに“ラジオの良さ・特性”を伝えることを主眼とする「ラジオがやってくる!」キャンペーンを実施することとする。
 このことにより、“ラジオを聴いたことがない”“ラジオ受信機を見たことがない”といった、ラジオ離れとされる若年層に対して、ラジオが地域密着媒体であることを含め、ラジオの有益性を訴求するキャンペーンとする。

Ⅱ.実施期間  平成21年1月13日(火)~3月3日(火)

Ⅲ.主  催  (社)日本民間放送連盟 ラジオ委員会

Ⅳ.実施内容

1.放送展開

(1)募集告知について
① 告知期間 1月13日(火)~1月25日(日)の13日間
② 告知内容
 各社のパーソナリティが学校を訪問し、出前授業等を行うことを生徒・先生・保護者などの学校関係者へ向けて、説明・告知する内容のスポットを放送、また番組内でPRし希望校を募る。
③ 募集締切 1月26日(月)24時

(2)学校訪問を行う期間および実施内容とPRスポットについて
◆ 各社による学校訪問
① 訪問期間 2月23日(月)~3月2日(月)の8日間
② 実 施 内 容
 各社で検討のうえ決定するが、一例として、(1)番組を学校から放送、(2)番組の制作実習、(3)アナウンサーなどによる話し方・朗読教室(4)災害時などにラジオの果たす役割の授業、(5)日本放送文化大賞グランプリ作品などを聴いてもらう(6)ラジオ受信機の工作教室、などが考えられる。
◆ PRスポット
① 放送期間 上記の学校訪問期間と同じ8日間
② 放 送 内 容
(1) 20秒スポットで、ラジオ全社が学校訪問を行っていることをPR。
(2) 20秒スポットで、ティーンエージャーにラジオの良さをアピール。

(3)3月3日「民放ラジオの日」のPRについて
◆ 生ワイド番組内などでの報告
① 放送日 3月3日(火)
② 放 送 内 容
 学校訪問の際に、現場で収録した音声(番組)、もしくは現場の模様のレポートなどを交えながら、10分間程度放送する。なお、学校訪問が3月3日以降の社は、当日の放送では、これから訪問して実施する旨をPRする。
◆ PRスポット
① 放送日  3月3日(火)
② 放 送 内 容
(1) 20秒スポットで「今日は民放ラジオの日」といった紹介など。
(2) 20秒スポットで、ティーンエージャーにラジオの良さをアピール。

2.ホームページ展開
 本キャンペーン専用のHPを開設し(1月13日~3月31日)、キャンペーンの募集要項を掲載し、ラジオ社の訪問を希望する学校関係者に応募していただく。
 また、各社では学校への訪問終了後に、ブログ形式で報告を行う。

以 上

この件に関する問い合わせ先:民放連〔業務部〕