トピックス

(報道発表)「民放テレビ中継回線」がIBC2013で部門最優秀受賞

2013年9月18日

日本民間放送連盟

 

 一般社団法人 日本民間放送連盟〔民放連、会長=井上 弘・TBSテレビ会長〕のテレビ128社が番組配信や素材伝送に利用している「民放テレビ中継回線」(プロジェクト名:Nationwide SDN for uncompressed HDTV in Japan)が、IBC2013(International Broadcasting Convention 2013)Innovation Awardsの Content Delivery 部門で最優秀賞を受賞し、9月15日(日)にIBC2013の会場(オランダ・アムステルダム)で行われた授賞式で、園部稔・テレビ回線委員長(山形放送取締役相談役)に最優秀賞のトロフィーが手渡されました。

 本賞は、映像・放送のコンテンツ流通分野における革新的な事績を表彰するもので、民放テレビ中継回線は、民放連・テレビ回線委員会と連携してNTTコミュニケーションズが開発・構築し、昨年11月に本運用を開始しました。

 全国の民放テレビ各社は、大容量・高信頼のネットワークにより、指定した時間・指定した民放テレビ局間で、非圧縮のハイビジョン映像を確実に伝送することができます。

 

 

   参照URL:http://www.ibc.org/page.cfm/link=105

 

  • SDN(Software-Defined Networking):ソフトウェアによりネットワーク機能や構成を制御する技術全般。
  • IBC2013は、世界160か国、5万人以上の出席者、1400以上のサプライヤーが参加する、放送業界における欧州最大の権威ある国際会議/展示会です。1967年に第1回を開催、現在は毎年開催されており、45年の歴史があります。

この件に関するお問い合わせ:民放連・テレビ回線部

関連リンク Link