トピックス

2013年度民放連研究所「民放のネット・デジタル関連ビジネス研究プロジェクト」報告会

ネットを取り込む放送~民放の新しいビジネスモデルの検討~

 

 メディア環境の大きな変化を受けて、放送事業者はネット分野への進出に力を入れています。ソーシャルメディアの利用進展やスマートフォンの普及は、既存の民放のビジネスモデルに影響を及ぼしつつあるだけでなく、民放事業者に全く新しいビジネスモデルの構築も迫っています。
 本報告会では、民放連研究所「民放のネット・デジタル関連ビジネス研究プロジェクト」(座長:中村伊知哉 慶応義塾大学メディアデザイン研究科教授)の2013年度の研究成果をご報告するとともに、民放の新しいビジネスモデル構築に向けた対応を検討します。

 


日 時: 2014年5月19日(月)13:20-16:45 (受け付け開始 12:50)

 

会 場: 全国都市会館大ホール〔東京都千代田区平河町2-4-2〕

 

主 催: 日本民間放送連盟・研究所

 

プログラム(敬称略)
13:20-13:30 開会挨拶:木村信哉 民放連専務理事
13:30-14:10 基調講演:「スマート放送の展望」
 中村伊知哉・プロジェクト座長(慶応義塾大学メディアデザイン研究科 教授)
14:10-14:30 報 告:「2013年度プロジェクトの活動概要について」
 木村幹夫・プロジェクト事務局(民放連 研究所長)
14:30-14:45 休憩
14:45-16:45 パネルディスカッション “民放の新しいビジネスモデル構築に向けて”
 パネリスト
  志村一隆 :情報通信総合研究所 グローバル研究グループ主任研究員
  伊藤浩一 :ニッポン放送 編成局デジタルソリューション部副部長
  吉川昌克 :テレビ朝日 コンテンツビジネス局
         コンテンツビジネス戦略部マーケティング担当部長
  田尻浩章 :熊本放送 メディア企画局メディア広報部部次長
  菊池尚人 :プロジェクト座長代理(慶応義塾大学メディアデザイン研究科 特任准教授)
 モデレータ
  中村伊知哉

 

対   象: どなたでもご参加いただけます。

 

参 加 費: 無 料(参加者全員に報告書を各1部差し上げます)

 

申込方法:申し込みを終了しました。

 

 お問い合わせ:民放連研究所(E-mail:symp0519@j-ba.or.jp)

関連リンク Link