トピックス

(報道発表)動画サイトへの違法アップロードの大量摘発に関する民放連会長コメントについて

2014年9月25日
日本民間放送連盟

 

 一般社団法人 日本民間放送連盟〔民放連、会長=井上 弘・TBSテレビ会長〕は、本日公表された、動画サイトへの違法アップローダーの大量摘発について、以下の会長コメントを発表いたしましたので、お知らせいたします。

 


 本日、インターネット上の動画サイトへの違法アップロードについて、警視庁による大量摘発が行われた旨の発表があった。動画サイトへの違法アップロードは、放送事業者ならびに放送番組に関する多数の権利者の権利を侵害するものである。これにより権利者の経済的な利益を毀損するとともに、正当なビジネスの機会を喪失させ、コンテンツ産業の健全な発展をも阻害する悪質な行為である。

 近年、インターネット上での違法動画配信が蔓延しており、放送番組も大きな被害を受けている。民放連としては、引き続き、関係省庁や関係する団体等と違法動画配信抑止に向け、連携を強化するとともに、今後、こうした違法な配信が行われないような具体的な対策を講じていく所存である。

 


この件に関するお問い合わせ先:民放連〔ライツ・コンテンツ部

関連リンク Link