トピックス

2014年11月5日、第62回民間放送全国大会を開催

 

 

 

 

 11月5日(水)、「第62回民間放送全国大会」がグランドプリンスホテル新高輪・国際館パミールで開催され、大会式典をはじめ、2つのシンポジウム、記念講演、関連企画など、多彩な行事が行われた。

 式典では、日本民間放送連盟賞と、今回で10回目となる日本放送文化大賞の表彰を行った。

 

 

大会式典

会長あいさつ

 井上弘・民放連会長があいさつを行い、災害時の放送の役割、民放のメディア価値向上のための検討、インターネット上の「違法動画」対策、ラジオの取り組み、新技術・新サービスへの対応、NHKとの関係、放送コンテンツの海外展開、取材・報道の自由の確保と放送倫理の向上、視聴者の期待に応える番組作りなどについて所信を述べた。

 

 

<井上会長のあいさつ>

 

来賓祝辞

 安倍総理大臣からのビデオレターによる祝辞があった後、高市早苗・総務大臣、籾井勝人・NHK会長から、それぞれ祝辞が述べられた。

 

 

<安倍総理大臣からのビデオレター>

 

 

 

<高市総務大臣>

 

 

 

<籾井・NHK会長>

 

大会宣言採択

 髙橋大会委員長が以下の「大会宣言文」を読み上げ、満場一致でこれを採択した。

 

宣   言

 放送を取り巻く環境は、情報通信技術の進展とともに変化し続けている。

 われわれ民間放送は将来に向けたサービスの高度化に常に挑戦し続ける。

 これまで培ってきた視聴者・聴取者との信頼関係をより強固なものとすべく、正確で迅速な情報、豊かで良質なコンテンツを届けることを最も大切な使命と考え、その実践をここに誓う。

 第62回民間放送全国大会にあたり宣言する。

 

 

<大会宣言>

 

 

平成26年日本民間放送連盟賞の表彰

 この1年間の民放界を代表する番組や事績など4部門(14種目)93件が表彰され、受賞各社の代表にトロフィー・楯が贈呈された。

 

 

 

 

<表彰風景>

 

 

第10回日本放送文化大賞の発表と表彰

 第10回となる日本放送文化大賞は、下記の番組に、「日本放送文化大賞グランプリ」「同・準グランプリ」(テレビ・ラジオ各1番組)が贈られた。受賞番組は、後日それぞれ全国向けに放送される予定。

 

テレビ  グランプリ

中京テレビ放送

「NNNドキュメント‘14 マザーズ~特別養子縁組と真実告知」

準グランプリ

長崎放送

「人間神様」

ラジオ  グランプリ

中国放送

「ラブ&ピース!お好み焼き」

準グランプリ  エフエム東京

「TOKYO FM特別番組 これからを見つめて LOVE&HOPE~3年目の春だより~」

 

 

 

 

 

<表彰風景>

 

 

記念講演

 大会式典に続いて、映画監督の押井守氏が「海外での映画製作」と題して記念講演を行った。

 

 

 

 

<記念講演風景>

 

 

シンポジウム

 今回の大会では次の2つのシンポジウムが開催された。

 

シンポジウム①

◇テーマ 「2020年、テレビは主役でいられるか? ~放送とライフスタイルの行方」

◇コーディネーター

 津 田 大 介 氏 (ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)

◇パネリスト

 中 村 伊知哉 氏 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)

 橋 元 良 明 氏 (東京大学大学院情報学環教授)

 原 田 曜 平 氏 (博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー)

 村 田 裕 之 氏 (村田アソシエイツ代表)

 

 

 

<シンポジウム① 討論風景>

 

シンポジウム②

◇テーマ 「音声メディア新時代 ~デバイスの多様化がラジオの可能性を切り開く!」

◇コーディネーター

 今 井 広 海 氏 (エフエム東京 アナウンサー)

◇パネリスト

 青 木 貴 博 氏 (radiko 業務推進室長)

 江 崎 貴 彦 氏 (味の素広告部広告企画グループ専任部長)

 桜 井 聖 子 氏 (放送批評懇談会理事/さくら代表取締役)

 村 山 恒 樹 氏 (デューク・コーポレーション取締役)

 

 

 

 

<シンポジウム② 討論風景>

 

 

関連企画を同時開催

 関連企画では、「もっとつながる!もっと広がる!テレビの楽しみ~民放が進める放送通信連携サービス」「全国ラジオパーソナリティ大集合!」を行った。

 

 

 

 

 

<関連企画会場風景>

 

関連リンク Link