一般社団法人 日本民間放送連盟

MEMBER'S ROOM
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH PAGE

民放技術報告会

第57回 民放技術報告会

 

 民放連会員各社の放送技術に関する最近の研究、開発、創意工夫および環境対策などを報告する「第57回民放技術報告会」を、2020年11月18日(水)~20日(金)に、Inter BEE 公式ウェブサイト(Inter BEE 2020 ONLINE)上で、オンライン開催いたします。

 

羽牟技術委員長ごあいさつ

 

第57回民放技術報告会の開催によせて

 

 新型コロナウイルス感染症の完全な収束が見通せず、多くの方々が「ウィズコロナ」の生活様式を余儀なくされる状況を踏まえて、第57回の民放技術報告会はオンラインで開催することといたしました。

 検討を始めた当初は開催自体を危ぶんでおりましたが、音と映像と通信の国際展示会であるInter BEE 2020が、当初の日程どおりオンラインで挙行されることとなり、そのご協力を得て開催にこぎつけることができました。歴史ある民放技術報告会を無事に開催できることは、民放連の技術委員長としてこの上ない喜びです。

 Inter BEE 2020のオンライン開催の実現に奔走された電子情報技術産業協会(JEITA)および日本エレクトロニクスショー協会(JESA)の皆さま、放送機器の最新情報を出展されるメーカの皆さま、そして民放技術報告会の関係者のご尽力に、心より感謝を申しあげる次第です。

 今回の民放技術報告会の事績は18社63件となり、このうち44件については、プレゼンテーション動画を事前収録し、Inter BEEの公式ウェブサイト上でタイムテーブルに沿って順次配信します。動画配信できないものを含め、すべての事績を収録した予稿集も作成しました。

 19日午後には恒例の「特別企画」を開催し、「放送技術者は同時配信で何をすべきか ~在京5社総務省実証実験を紹介!~」と題した講演およびパネルディスカッションを配信いたします。配信映像の多くは11月末までアーカイブ視聴も可能ですので、オンライン開催のメリットとして、ぜひご活用ください。 

 初めてのオンライン開催が実り多きものとなり、Inter BEEおよび民放技術報告会のさらなる発展につながることを祈念するとともに、皆さまのご参加を心よりお待ち申しあげております。

2020年11月吉日                 

一般社団法人 日本民間放送連盟

技術委員長  羽 牟 正 一

 

入場方法

 以下のリンクから入場をお願いします。

 なお、動画の視聴には事前登録が必要です。

民放技術報告会

事前登録

 

開催日程

11月18日(水)

制作技術部門(1)        10:00 ~ 12:20
制作技術部門(2)        13:00 ~ 14:40
制作技術部門(3)        15:00 ~ 17:00

 

11月19日(木)

ラジオ・音声部門     10:00 ~ 12:20
画像技術部門            13:00 ~ 14:00

<特別企画> 14:00 ~ 15:30
 放送技術者は同時配信で何をすべきか
  ~在京5社総務省実証実験を紹介!~

 

11月20日(金)

データ放送・デジタルサービス部門   10:00 ~ 11:00
回線・伝送部門                                  11:20 ~ 12:20
情報・ネットワーク部門                    13:00 ~ 13:20
送出部門                                             13:40 ~ 15:00
送信部門                                             15:20 ~ 17:00

 

※ アーカイブ動画は、当日の夜に順次配信が開始され、11月末まで視聴可能です。

 

 詳細なプログラムは以下からダウンロードをお願いします。

第57回民放技術報告会プログラム(PDF)

 

【予稿集について】

「第57回民放技術報告会予稿集」については、兼六館出版にお問い合わせください。

 問い合せ先:兼六館出版 order@kenroku-kan.co.jp

 

 民放連会員社の皆さまは、会員向けウェブサイトをご確認ください。