一般社団法人 日本民間放送連盟

MEMBER'S ROOM
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH PAGE

トピックス

大学への寄付講座の設置について

 

 一般社団法人 日本民間放送連盟〔民放連、会長=大久保好男・日本テレビ放送網社長〕は2019年度から大学への寄付講座の設置事業を始めますので、お知らせいたします。

 

 本事業は、昨年公表した「放送の価値向上・未来像に関する民放連の施策」(https://j-ba.or.jp/category/topics/jba102750)のうちの“民間放送事業に関する国民・視聴者への広報PR”の一環として始めるもので、大学での講義を通じ、民放の社会的意義や業務への理解を広めることをめざします。講師は、会員各社の第一線で活躍する制作者、記者らや民放連事務局職員が務めます。

 

 2019年度は、春学期(4~7月)に早稲田大学に設置します。政治経済学部に講座を開き、各学部からの受講を可能とします。翌2020年度は、他の1大学を加えた2校で展開する予定です。

講座の内容は、放送法や放送基準の意義、NHKと民放の二元体制の必要性、BPO〔放送倫理・番組向上機構〕の役割・機能をわかりやすく理解できる講義から、制作や報道活動に従事することの面白さを実感できる講義まで、多角的で幅広い内容とする予定です。

 

 


この件に関する問い合わせ先:民放連〔会長室〕