一般社団法人 日本民間放送連盟

MEMBER'S ROOM
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH PAGE

トピックス

2019年11月6日、第67回民間放送全国大会を開催

 

 

 

 11月6日(水)、「第67回民間放送全国大会」がグランドプリンスホテル新高輪・国際館パミールで開催され、大会式典をはじめ、2つのシンポジウム、記念講演、関連企画など、多彩な行事が行われた。

 式典では、日本民間放送連盟賞の各部門の表彰、および番組部門全種目の最優秀とこれに次ぐ優秀1番組から選ばれたグランプリ、準グランプリの発表と表彰を行った。 

 

 

大会式典

 

会長あいさつ

 大久保好男・民放連会長があいさつを行い、事業環境の変化と放送の社会的使命、放送事業の原点、技術革新への取り組み、放送の価値向上・未来像に関する施策、NHKとの二元体制などについて所信を述べた。

 

  <大久保会長のあいさつ>

 

来賓祝辞

 安倍総理大臣からのビデオレターによる祝辞があった後、高市早苗・総務大臣、上田良一・NHK会長から、それぞれ祝辞が述べられた。

 

 <安倍総理大臣からのビデオレター>

 

  

 <高市総務大臣>

 

  

<上田NHK会長>

 

 大会宣言採択

  亀山大会委員長が以下の「大会宣言文」を読み上げ、満場一致でこれを採択した。

 

 

第67回民間放送全国大会

宣   言

 

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて準備が進むなか、平成から令和へ、新たな時代を迎えた。

 インターネット社会で大量の情報を手にいれられる今、正確で信頼できるメディアが強く求められている。

 われわれ民間放送は、視聴者・聴取者の期待と信頼に常に応え、多様で良質なコンテンツを発信し続けることで、新しい時代を切り拓いていくことを誓う。

 第67回民間放送全国大会にあたり宣言する。

  令和元年11月6日

一般社団法人 日本民間放送連盟

 

 

 <大会宣言>

 

2019年日本民間放送連盟賞の表彰

 この1年間の民放界を代表する番組や事績など4部門(14種目)94件が表彰され、受賞各社の代表にトロフィー・楯が贈呈された。

 

 

   <表彰風景>

 

グランプリ・準グランプリの発表と表彰

 ラジオ・テレビ別に番組部門全種目の最優秀とこれに次ぐ優秀1番組をグランプリ候補とし、その中から下記の番組に、「グランプリ」「準グランプリ」が贈られた。受賞番組は、後日それぞれ全国向けに放送される予定。

 

テレビ  グランプリ

 北海道テレビ放送

「HTB開局50 周年ドラマ チャンネルはそのまま!」

準グランプリ

福井テレビジョン放送

「聖職のゆくえ〜働き方改革元年〜」

ラジオ  グランプリ

南海放送

「緊急放流=逃げろ!〜誰が命を奪ったのか〜」

準グランプリ

 CBCラジオ

「マリエのように」

  

<表彰風景>

 

 

記念講演

 大会式典に続いて、東京2020オリンピック公式映画監督の河瀨直美氏が「私が描く東京オリンピック」と題して記念講演を行った。

 

 <記念講演風景>

 

 

シンポジウム

 今回の大会では次の2つのシンポジウムが開催された。

 

シンポジウム①

◇テーマ 「多様化する視聴指標」

◇パネリスト

 小出  誠 氏(日本アドバタイザーズ協会常務理事電波委員長

             資生堂ジャパンメディア統括部エグゼクティブマネージャー)

 飯塚 隆博 氏(博報堂DYメディアパートナーズデータビジネス開発局長)

 尾関 光司 氏(ビデオリサーチ常務取締役)

 橋本  昇 氏(民放連テレビ視聴指標研究プロジェクトチーム副主査、

                              テレビ朝日営業局次長)

 伊藤 祐介 氏(北陸朝日放送東京支社業務部副部長兼コンテンツ事業部)

◇モデレーター

 植原 啓介 氏(慶應義塾大学環境情報学部准教授)

◇進 行

 樋口 薫子 氏(フジテレビジョン総合メディア推進本部局長)

  

 <シンポジウム① 討論風景>

 

 シンポジウム②

◇テーマ 「ラジオはパーソナリティだ!」

 

◇パネリスト

 佐久間宜行 氏(テレビ東京プロデューサー、

              ニッポン放送「オールナイトニッポン0」パーソナリティ)

 落合健太郎 氏(FM802 DJ 「ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!」

                               「Chillin’Sunday」担当)

 やきそばかおる 氏(コラムニスト)

◇司 会

 上柳 昌彦 氏(ニッポン放送「上柳昌彦あさぼらけ」パーソナリティ)

  

 <シンポジウム② 討論風景>

 

 

関連企画を同時開催

 

 関連企画では、「番販からその先へ~海外ビジネス 最前線~」「RADIO JUKEBOX」を行った。 

 

 

  

   <関連企画会場風景>